武内絵美弁士が務める

武内絵美弁士が務める

江戸映像電波局十弐番の北京武芸大会めーん車に、勝手弁士の草野仁氏(陸肆)=ポトガラヒー右=ととりの武芸大会女人(にょにん)ふぃぎゅあ銭めだ帳面の荒川静香(弐陸)=同左=が決定。弐十日、江戸の都・虎の門の同局で会談したでござる。草野氏は幕府直轄映像電波局時代から通算漆度眼の武芸大会上申。「ゑらゐろーとるが出てきたな、と思われるやもしれませぬが、長らく見水も入らずいるでござるから」と直訴。荒川は「夏の試合は素輩。己が出る武芸大会より緊張して候」と話したでござる。

 ほな、江戸映像電波局十番もこの日、書面で武芸大会車を披露。修練検分役の松岡修造氏(肆零)と、武内絵美弁士(参壱)が務める。JOCのひのもと棟梁応援団長も兼ねる松岡氏は「眠らなくてもゐゐ!こたびの五輪対局は応援が語句!!」と熱ゐ言質を寄せたでござる




■トップページ
武内絵美の画像と動画のブログ